売れないと思っていた車が実は貴重だった事例

車の買取金額というのは、査定をしてみないと
分からない一面があります。
自分ではこの車はそれほど高くは売れないと思っていても、
いざ査定をしてみるとかなり高値が付くケースもあるのです。
というのも、次のような事例があったのだそうです。

 

 

 

ある方は、車を購入した店すなわちディーラーに対して車の査定を依頼したそうです。

 

ところがディーラーのお店では、それほど大きな金額が付かなかったのだそうです。
ですのでその方は、「車を売却したところでそれほど高くは売れないだろう」と思い込んでいたそうなのです。

 

ある時にその方は、誰かからディーラーに売却をすると金額が低くなるとの話を耳にしたようです。
それを聞いて、その方は今度は何社かの買い取り専門店に査定を依頼してみたのだそうです。
すると、思いもよらぬ高値が付いたそうなのです。
ディーラーが提示する金額とは、かなり離れた数字だったそうなのですが。

 

ではなぜその方の場合は高値が付いたかというと、

車の買取市場では非常に貴重な車だったそうなのです。
車の買取店というのは、在庫を揃えたいと思っている場合があります。
店内に抱えている特定の車種の在庫が少なめなので、
それを揃えるために顧客から車を買い取っている事がある訳ですね。

 

その中には非常に貴重な車種もあるのです。
上記の方の車種が、まさにそれに該当したそうです。

 

ちなみに上記の方は、車買取の専門業者が提示した金額にはかなり驚いていたようです。
最終的にはどこかの専門業者に対して、車を売却したそうなのですが。

 

高く売れないだろうと思い込んでいたものの、査定をしてみたら高値が付く事例の1つだと思います。
このような事もありますので、安く売れると思っていても車の査定を試してみる方が良いと思います。

2015/01/02 23:37:02 |

埼玉の色々な地域で車の買取を行っているカーミニークでは、出張による買取を行ってくれます。顧客の希望する場所まで出張に来て、車の状態などを見てくれる訳ですね。その具体的な流れですが、大ざっぱには全部で3段階になります。

 

出張の連絡と査定当日

 

まず第1段階ですが、カーミニークに対する連絡からです。この業者に対する連絡方法は2種類あって、電話もしくはWEBフォームです。WEBフォームに入力をした場合は、しばらくするとカーミニークのスタッフから電話での連絡が行われる訳ですね。具体的にはどのような連絡が行われるかというと、車の状況を確認や出張日時の打ち合わせです。

 

そして電話で打ち合わせをした日に、カーミニークのスタッフが指定場所まで来てくれます。
その際に車の状態などを色々と見てくれる訳ですが、その状況を元に顧客に対して査定額が伝えられる訳ですね。伝えられた金額で特に問題が無いようならば、買取が成立という流れです。ただし中には、他の業者と比較をしたい方もいらっしゃるでしょう。その場合はその場で決断をせずに、一旦は保留にする事も可能です。

 

引き渡し後の支払い手続き

 

この後カーミニークから、車の買取金額が支払われる事になります。この業者の支払い方法は、銀行振り込みに限定されます。

 

ただしその支払いは、あくまでも引き渡しが完了した後ですね。車本体と書類がカーミニークに引き渡された時点で、買取額が支払われるという流れです。
そして、書類はなるべく速やかに揃えておいた方が良いでしょう。その方が支払いがスムーズになる事が多いからです。

 

つまりカーミニークでの出張による買取は出張の打ち合わせ、出張当日の車査定、支払いという流れになります。引き渡しが完了した後での支払いとなるので、やはり書類などをなるべく速やかに引き渡すのがポイントになるでしょう。
ライフ下取り

2014/11/27 18:18:27 |

車の買取業者によっては、コールセンターを設置している場合があります。そのセンターでは、顧客からの様々な問い合わせを受け付けていますね。
問い合わせ内容も、多岐に渡ると思います。車の査定を依頼するような問い合わせもありますし、サービス内容に関する質問など様々なものが考えられますね。

 

そしてコールセンターを設置しているという事は、買取業者に対する問い合わせの数も多いと察します。そうでなければ、やはりセンターを設置する事は無いでしょう。センターの維持費用などもかかるからです。しかし顧客からの問い合わせ数が多いのであれば、やはりセンターを設置する意義はありますね。

 

ところで車買取業者は、数多くあります。それら業者の中にはセンターを設置している所もある訳ですが、中でもガリバーなどは問い合わせの数が相当多いと思います。

 

ガリバーは、車買取業者の中では1、2を争うほどの大手ですね。そしてあの業者のコールセンターの問い合わせ対応時間なのですが、24時間体制になっています。という事は、やはり問い合わせも相当多いのでしょう。

 

恐らくその問い合わせ数は、他の業者よりも多いと思います。他の業者の場合はコールセンターの対応時間が24時間ではない所も有るのですが、ガリバーの場合は上記のような状況ゆえにやはり電話件数も相当多いのだと思いますね。上場企業ですし、顧客の数も相当多いと思います。

 

それと事故車買取りの業者も、コールセンターを設置している事が案外多いですね。問い合わせ可能時間もかなり長いですし、営業日時も年中無休という業者が多いです。ですので事故車買取りに対する電話問い合わせも、やはり相当多いのかなと推理します。
クラウンアスリート 買取

 

このように車買取の業者によっては、顧客からの電話問い合わせの数が非常に多い所もある訳ですね。

2014/11/11 01:17:11 |

物の買取では、たまに買い取るのが難しい状況もあります。ブランド品の場合、幾つかそのような状況がありますね。

 

具体的に申し上げると、例えば穴です。ブランド物のバッグなどは買取対象の1つなのですが、たまに穴が空いているバッグを持参する方もいらっしゃるそうなのです。
しかし残念ながら、穴が空いているバッグは買取困難ですね。ブランド物として価値が著しく落ちてしまいますし、そもそも補修なども難しいでしょう。それをお店に持ち込んでも、たいてい買取をお断りされます。

 

では車の場合は、買取をお断りされますでしょうか。
お店によっては断られる可能性もありますね。車に穴が空いている以上、やはり事故車と見なされるでしょう。

 

しかし事故車買取のお店の場合は、買い取ってくれる可能性はあります。まず穴の程度によりますね。修理をすれば何とか穴を塞げる程度であれば、買取は可能だと思います。
しかし、中には補修不可能な穴などもあるでしょう。その場合も、買取は可能な場合があります。なぜなら車は、色々なパーツでできています。たとえ致命的なダメージを受けていても、車のパーツは売れる事もありますね。

 

またブランドのバッグの場合、持ち手がありますね。あの持ち手がちぎれている場合も、買取は不可能だそうです。
しかし車の場合は、ちぎれていても何とかなると思います。前述のように、どこか他のパーツは生きているからです。ブランド物のように、断られる事は恐らく無いでしょう。もっとも業者次第です。

 

ブランド物も車も、どちら「買取」の対象となる物ではあります。しかし買取りが「不可能」になるかの基準は、両者は異なると言えるでしょう。多少のダメージを受けていても、車の方が売れる確率が高いという訳ですね。
クラウンロイヤルの買取、査定で正しい売り方とは

2014/11/09 03:10:09 |

東京の日本橋地域には、東京アセスという会社があります。この会社は車買取業者の1つなのですが、買取対象の幅広さが特徴です。
例えば人によっては、国産のものではない車をお持ちの方もいらっしゃいますね。いわゆる輸入車です。この会社の場合、輸入車なども買い取ってくれるそうなのです。

 

それと車を売りたいと思っているのは、個人だけではありません。法人も車を売りたいと思っているケースが多いですね。東京アセスでは商用車の買取も行っています。

 

それと、中にはやや年式が厳しい車をお持ちの方もいらっしゃいます。基本的に10年落ちの車などは、買取りが厳しいケースが多いですね。いわゆる旧車扱いとなるからです。しかし東京アセスは、10年落ち車でも買い取ってくれます。

 

上記の輸入車と商用車と旧車は、どれも買取額が高く見込めると思います。東京アセスはそれらの車に詳しいわけですから、買取のノウハウも多く蓄積されていると見込めるからです。ですのでその3つの車をお持ちなのであれば、東京アセスに査定を依頼してみると良いでしょう。

 

ちなみに東京アセスは、実店舗を持っていません。無店舗型の会社で、そのオフィスが前述の日本橋にある訳ですね。このため東京アセスには店舗査定がなく、出張査定のみになります。ただし出張エリアは、東京近辺のみに限定されます。
mini 買取

 

であれば、なおさら買取額が高く見込めると思います。一般的には、無店舗型の買取業者は査定額も高くなるケースが多いです。店舗を持ってしまうと維持費が多くかかってしまうのですが、無店舗型の場合はそれが無いのです。その分を買取額に反映できるケースが多いので、やはり東京アセスでは買取額は期待できると思います。